フッターメニューへ
  • シミ取りレーザーの料金
  • シミ取りレーザーの種類
  • クリニック一覧
  • クリニック都道府県別検索

シミやそばかす目立っていませんか?

美白化粧品や飲む美白薬品などを使っている方も多いと思いますが、高額なのに思うようにシミが薄くならない…という話もよく耳にします。

病院で受けられるシミ治療の一つに、シミ取りレーザー治療があります。
レーザー治療に興味はあるけれど、「ちょっと怖い」 「痛いのでは?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで本サイトでは、シミやそばかすを医療レーザーで取りたいと思った時に、知っておきたい知識や情報をわかりやすく解説しております。
治療の効果やメリットだけでなく、注意点やデメリットも掲載していますので、しっかりと理解した上で治療を検討しましょう。

シミ取りレーザー治療とは?

シミを気にして鏡を見る女性

医療や美容医療の現場では、レーザーを使った治療が幅広く行われています。
みなさんにとって一番身近なレーザー治療といえばレーザー脱毛ですよね。
塗り薬や飲み薬などでシミをケアする方法が一般的ですが、物理的な作用でシミを除去するシミ取りレーザーは、一体どのよう治療なのでしょうか?

シミ取りレーザー治療の原理と効果

シミやそばかすを取るために用いられるレーザー機器は、黒い色にだけ反応するレーザー光が出るものを使用します。
そのため、シミ部分以外の正常な肌細胞をほとんど傷つけることなく、シミの原因である黒いメラニン色素だけをピンポイントで壊すことができます。

レーザーを照射した患部は、火傷のような状態になりかさぶたができます。
かさぶたは1週間程で剥がれて、色素沈着のないピンク色の新しい皮膚が現れます。

レーザーを照射した後の経過

聖心美容外科
https://www.biyougeka.com/contents/skin/freckles/laser/

1回の照射でシミを取り去ることが期待できますが、シミの状態によっては数回の照射が必要な場合もあります。
シミ取りレーザー治療のメカニズムをもっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。

→ シミ取りレーザーの原理の詳細はこちら

メリットとデメリット

シミをレーザー治療で取る際の、メリットとデメリットはこちらです。

メリット
  • シミ以外のお肌へのダメージが少ない
  • 一度の照射で薄くなる、または消せることが多い

メラニン色素を狙い撃ちできるので、健康なお肌に負担がかからないことがレーザーの強みです。
もしもメスでシミを切り取ったら、出血しますし傷が治るまでに時間がかかり、傷跡が残る可能性も高いですよね。

レーザー治療ならダウンタイムを最小限に抑えられるのでシミ治療に最適です。
シミの状態によっては1度の照射で綺麗に消せることもあるので、即効性を求める方に人気があります。

デメリット
  • 複数回の照射が必要な場合もある
  • 術後のケアが必要
  • 再発することもある

シミ取りレーザー治療は100%シミが消える魔法の治療ではありません。
1度の照射では十分な効果を得られない場合もあり、さらに消えたと思っても数ヶ月後に再発してしまうことも…。

メリットだけではなくデメリットもしっかり頭に入れておきましょう。

レーザー治療を行った後は、患部に保護テープを貼るなどして刺激を与えないよう細心の注意を払う必要があります。
術後の経過について、詳しくはこちらのページをご覧ください。

→ レーザー治療の術後の経過はこちら

シミ取りレーザーの種類

シミ取りレーザー施術中の女性イメージ画像

シミ取り治療で使われているレーザー機器にはいくつかの種類があり、機器によってレーザー光の波長や照射時間などに違いがあります。
消したいシミの種類や状態によって、適したレーザー機器が異なりますので、どの種類のレーザーが良いかは医師に相談しましょう。

ここではシミ取り治療でよく扱われている有名なレーザーを4種類ご紹介します。

レーザー名
シミの種類
シミ そばかす 肝斑
Qスイッチルビーレーザー ×
QスイッチYAGレーザー ×
レーザートーニング
PICOトーニング

消したいシミによって有効なレーザーの種類が異なりますので注意が必要です。
また、クリニックによって取り扱っている機器の種類はまちまちです。
医師の診察をしっかり受けて、じっくり話し合った上で決めましょう。

レーザー機器の違いや特徴について詳しく知りたい方は、下のページをご確認ください。

→ シミ取りレーザーの種類はこちら

シミ取りレーザー治療の料金

計算機を持つ女性の手

シミ取りレーザー治療は美容に関わる施術のため、ほとんどの場合保険が適用されません。
そうなると、費用が高額になりそうな印象を受けますが、実際にはどのくらいの料金で受けられるのか見ていきましょう。

シミ取りレーザーの料金相場

シミ取りレーザー治療は、機器の種類やクリニックによって料金が異なります。
どのくらいの相場なのか把握しておくことで、クリニック選びの際に非常に役立ちます。

ここではレーザーの種類別に大まかな料金相場をご紹介します。
通院回数も予算に影響すると思いますのでご参考にしてください。

レーザー名 料金相場 通院回数
Qスイッチルビーレーザー 5mm
5,000円
少ない
QスイッチYAGレーザー
レーザートーニング 両頬1回
10,000円
複数回
PICOトーニング

また、同じレーザー機器でもクリニックによって価格に差があります。
詳しく知りたい方は、下のページでチェックしてみてください。

→ シミ取りレーザー治療の料金相場はこちら

価格はどうやって決まるの?

レーザーの照射範囲か照射回数か

シミ取りレーザー治療の料金表示は、照射範囲や照射回数で価格が記載されていて、クリニックによって表現は様々です。

照射範囲:シミの大きさに応じて「1 mm×1mmでいくら」「1cm以内いくら」と表記されています。
照射回数:「5照射」「5ショット」など回数で表記されています。
使用するレーザーの種類

レーザー機器によって金額が異なります。
どのレーザーを使用するかは、消したいシミの種類やダウンタイムにもよりますので、医師と相談する必要があります。

クリニックによる価格差

同じレーザー機器を選んだとしても、クリニックによって料金が違う場合があります。
これは、麻酔の有り無しや術後の内服薬などの内容に差があることも。
無料カウンセリングが利用できる場合は事前に確認しましょう。

クリニック選びのポイント

クリニックを選んでいる女性

シミ取りレーザー治療を行っているのは、皮膚科美容皮膚科美容外科です。
大切な自分のお顔にレーザーを当てるわけですから、信頼できるクリニックで治療を受けたいですよね。

そこでクリニックを選ぶときに押さえておきたいポイントを5つお伝えいたします。

シミ治療を専門的に行い、症例数が多いか?

クリニックはどこも同じに見えるかもしれませんが、それぞれ力を入れている分野が違うようです。裏を返せば、シミ取りレーザー治療が得意ではない、力を入れていないというクリニックも存在しています。

シミのレーザー治療を専門的に行っているクリニックはレーザー機器の取り扱いが豊富で、シミの状態に合わせて最適な機器を選択して施術を受けられます。
このようなクリニックは症例数や実績も多いので信頼できるでしょう。

治療に関する情報を、明確に公開しているか?

クリニックの中には、「一度来院してもらいたい」という思いから、あまり多くの情報を開示していないことがあります。
公式サイトや資料請求で情報をわかりやすく掲載しているクリニックは信頼度が高いと言えます。

医師による無料カウンセリングが受けられるか?

もしレーザー治療を初めて受けるという方は、「このシミは消せる?」「いくらかかるの?」など、疑問や心配な事がたくさんあると思います。
無料カウンセリングを行っているクリニックを利用すれば、無料で医師に直接相談ができるので、ぜひ足を運んでみてください。

中には、医師ではなくカウンセラーとしか話せなかったという事もありますのでよく確認しましょう。

適切な価格かどうか?

幾つかのクリニックを比較してみて、あまりにも安すぎる・高すぎるというクリニックは、一度内容をしっかり調べたほうが良いでしょう。

困った時のアフターケアがあると安心

治療後に予期せぬ事態が起こった場合に、アフターケアが充実しているクリニックだと安心できますよね。
クリニックによってアフターケアの内容は異なりますので、どのようなサービスが受けられるか確認しておきましょう。

以上がクリニック選びのポイントです。
しっかり吟味して信頼できるクリニックを選びましょう。

当サイトでは、シミ取りレーザー治療を行っている有名クリニックの情報を集め、クリニック選びの際に比較しやすいようにまとめています。
取り扱いレーザーの数や最安値価格、店舗数などを一覧表で比較できます。
クリニック探しを始める際は、ぜひ下のページをご参考にしてください。

→ 大手美容クリニック一覧はこちら

シミ取りレーザー治療の注意点

注意することとは?

レーザーでシミ治療を受ける前に、知っておくべき注意点をご紹介します。
こんなはずではなかった!と後悔しないためにも、よく理解しておきたい内容です。

レーザー照射時に痛みを伴う

レーザーの照射時間は極めて短くほんの一瞬ですが、お肌に当たると痛いと感じる方もいます。痛みの程度は「輪ゴムでパチンと弾かれた感じ」「チクっとする」などと表現されます。

クリーム状の表面麻酔を用意しているクリニックも多いので、心配な方は事前に相談しましょう。術後の痛みは、ヒリヒリと感じることもありますが1日程で引きます。

Qスイッチレーザーの術後はダウンタイムが必要

レーザー治療を受けた後、患部はとてもデリケートな状態になっています。
術後にできたかさぶたの下では、新しいお肌が作られており、自然にかさぶたが剥がれ落ちるまでの約1週間は絶対に剥がさないように注意が必要です。

患部を守る保護テープや絆創膏が処方される場合もあります。
かさぶたが自然に剥がれた後も油断は禁物で、2~3ヶ月は紫外線をできるだけ当てないように心がけ、刺激をしないようにしてください。

必ず1回で消えるとは限らず、再発も!

Qスイッチレーザーの場合、1回で綺麗に消える方がいる一方で、消えなかった方もいます。
その場合は数ヶ月の間隔をあけて、再度照射が必要になることも。

また、トーニングの場合は、1回で劇的な変化は期待できませんが、5~10回繰り返して通うことでお肌の状態を段階的に改善していくことができる治療です。

そして、レーザー治療の効果は永久的なものではなく、時間の経過とともに同じ場所に再発することも珍しくありません。
この特徴を理解した上で治療を検討しましょう。

肝斑の治療は慎重に

肝斑とは、両頬に左右対称にできる茶色っぽいシミのことです。
肝斑はピンポイントでレーザーを当てると悪化してしまうことがあるため、レーザー治療はご法度です。
しかし、トーニングは肝斑治療も可能ですので、肝斑でお悩みの方はトーニングを選びましょう。

まとめ

鏡を見て喜ぶ女性のイメージ画像

レーザーによるシミ取り治療は日々進歩している美容医療分野で、最新レーザー機器もどんどん登場しています。

しかし、まだまだ確実にシミを除去できるとは言いきれないのも事実です。
シミの種類や肌の状態、生活スタイルなどで効果が左右されることがありますので、メリットだけでなくデメリットもしっかり理解した上で治療を検討しましょう。

また、多くのクリニックで無料カウンセリングを行っていますので、ご自分のシミがレーザーで治療できるシミなのかどうか知りたい方は、一度相談に行ってみてもいいかもしれません。
みなさんのシミ悩みが1日でも早く解決し、お肌も心もクリアになりますように。

参考文献

シミの治療第2版
著:葛西健一郎
https://www.bunkodo.co.jp/detail.html

皮膚科医・形成外科医のためのレーザー治療スタンダード〜確かな治療を行うための知っておくべき知識と正しい手技
著:河野太郎
https://www.yodosha.co.jp/yodobook/book/9784758118132/

切らずに治療する!「シミ・シワ・ニキビ・ニキビ跡・アザ・ホクロ・イボ」最新治療 豊富な症例数が信頼の証し
著:山本博意
http://www.hakusei-shobou.co.jp/2007/seibi01/index.html

PEPARS(ペパーズ) 110 シミ・肝斑治療マニュアル
著:山下理絵
http://www.zenniti.com/f/b/show/b01/798/zc01/5.html

ピコ秒レーザー最新治療ハンドブック―しみ・瘢痕・刺青をここまで治す
著:河野太郎
http://www.igakutokangosha.jp/?pid=131648907