シミ取りレーザー治療の予約から施術までに流れ|確認ポイントと注意点も!
フッターメニューへ
  • シミ取りレーザーの料金
  • シミ取りレーザーの種類
  • クリニック一覧
  • クリニック都道府県別検索

治療当日の流れ

レーザーによるシミ取り治療を初めて受ける方にとって、一体どのような治療が行われるのか、とても不安ですよね。

麻酔はするのか?
所用時間はどのくらいなのか?
メイクをして行っても大丈夫か?
などなど、気がかりなことがたくさんあります。

そこでこのページでは、シミ取りレーザー治療の当日の流れについてご紹介していきたいと思います。ぜひイメージをしてみてくださいね!

シミ取りレーザー治療の当日の流れ

来院予約をしよう
スマホで予約している画像

美容外科クリニックや、皮膚科での美容医療の多くは、来院前に予約が必要な場合があります。
予約は、電話やインターネット上で申し込むことができます。
インターネットの場合は、クリニックの営業時間外でも簡単に予約ができるので利用しやすいかもしれません。


来院
クリニックの待合室イメージ

予約した時間より少し前に到着するようにクリニックに来院しましょう。
受付で名前を伝え、診察に呼ばれるまで待合室で待ちます。


カウンセリング
カウンセリングのイメージ画像

担当医師とカウンセリングを行い、悩みの内容や希望の仕上がりなどをじっくり話合います。
シミの種類によって、有効なレーザーの種類が異なりますので、専門の医師の目でしっかり診てもらいましょう。
治療の注意点や副作用、術後の過ごし方などについても、しっかり聞きましょう。

ここで確認すること
  • どのシミを取りたいのか?(レーザーを照射する場所)
  • どのようなレーザー機器が適しているか
  • 体調や体質
  • 生活スタイル
  • 料金

ほとんどのクリニックが、このカウンセリングをとても重用視してるので、わからないことがあれば遠慮をせずに相談しましょう。

このような時は要注意!
  • 治療の担当医師とは違う医師またはカウンセラーがカウンセリングを担当した
  • 早く施術を決断させようと促してくる
  • 不安を煽り、希望と違う治療をいろいろと勧めてくる
  • リスクやデメリットの説明が少ない、しない

準備
メイクを落として準備する女性

レーザー照射を行う前に、メイクを落とします。
そして、レーザーを照射する部分に麻酔クリームを塗ります。


レーザーの痛みは、輪ゴムをパチンと弾く程度と言われていて、クリニックによっては麻酔クリーム無しで行う場合や、有料のオプションで追加できる場合など様々です。
麻酔については、カウンセリングの際に確認しておきましょう。


テスト照射を行うこともあり

シミの種類や状態によっては、テスト照射を行うことがあります。
これにより、取りたいシミに適したレーザーの強さの判定します。
1週間~2ヶ月後に状態を診て再度治療を行います。


レーザー照射開始
レーザー照射をしている女性

いよいよレーザーを照射します。ベッドに仰向けに横になり、目を守るための保護カバーを着けます。
麻酔をしている場合は、施術中の痛みはほとんどありません。
施術にかかる時間は5~15分程度です。


出典:銀座よしえクリニック
http://www.ginzabiyou.com/menu_category/simi/

施術終了!
レーザー照射の終了イメージ画像

レーザー照射の終了後は、照射部分に薬を塗って絆創膏のようなテープを貼って保護します。


帰宅
帰宅する女性の画像

そのまますぐに帰宅可能です。
照射部分以外はお化粧をしてもOK!
ただしテープは外さないように注意!


以上がレーザー治療当日の流れです。
抜糸や再診の必要はないので、後日の来院の必要はありません。
しかし、テープの内側でかさぶたができて自然に剥がれるまで、無理に剥がさないよう細心の注意を払いましょう。

施術後のアフターケアに関する詳しい内容はこちらのページでチェック!!

→ シミ取りレーザー治療の術後

まとめ

レーザーによるシミ取り治療が受けられる医療機関についてご紹介いたしました。
シミ取り治療は昔から需要のある施術のため、レーザー機器も進歩し、多くのクリニックが導入し治療が受けられるようになりました。

しかし、たくさんあるからこそ1つに決めるのは大変ですよね。
そのため、少々面倒かもしれませんがカウンセリングを数カ所のクリニックで受けておくと安心です。

シミ取り治療は保険適用外になることがほとんどなので、料金の比較もしっかり行いましょう。

→ シミ取りレーザー治療の料金相場はこちら