フッターメニューへ
  • シミ取りレーザーの料金
  • シミ取りレーザーの種類
  • クリニック一覧
  • クリニック都道府県別検索

PICOトーニング

お顔にできたシミは、一度できてしまうとなかなか消すことが難しいですよね。
美白化粧品などでは効果が感じにくく、諦めてしまう方も多いようです。

そんな気になるシミを取る効果的な方法がレーザー治療です。
シミ取り用に使用されているレーザー機器には、ルビーレーザーYAGレーザーなどが有名ですが、日々研究開発が進んでおり、最近ではより性能の高いものが登場しています。

こちらのページでは、今注目の「PICOトーニング」についての特徴や効果、注意点などを詳しくご紹介していきたいと思います。是非ご参考になさってくださいね。

PICOトーニングとは?

PICOトーニングは、レーザー業界で最も大手の会社が開発し、シミ治療においてアメリカですでに実績が認められているレーザー機器です。(米国FDA認可)

PICOトーニング

出典:品川美容外科
https://www.shinagawa.com/skin/picotoning/

シミ治療で一般的に使用されているQスイッチYAGレーザーよりも、レーザー光の照射時間を短く設定することが可能なレーザー機器です。

その速さは、なんと1秒の1兆分の1に当たる短さのため、肌に与えるダメージを抑えることができます。PICOトーニングという名前は“ピコ秒”に由来しているのかもしれません。

ピコ秒の説明画像

出典:KMクリニック
http://www.kmshinjuku.com/campaign/picosure/

さらに、従来のレーザーは熱によってメラニン色素を破壊していたのに対し、PICOトーニングは熱ではなく衝撃波で除去します。そのため、治療後のかさぶたや炎症、色素沈着が起こりにくいメリットがあります。

熱影響低減のイメージ画像

出典:KMクリニック
http://www.kmshinjuku.com/campaign/picosure/

PICOトーニングの施術の時間は20分間ほどで終了します。
シミ治療だけでなく、毛穴の開きや小じわ、肌代謝の活性化などの美容治療にも利用されています。

PICOトーニングの効果

  • シミ
  • そばかす
  • 肝斑
  • ニキビ跡
  • 毛穴の開き
  • 小じわ

PICOトーニングの術後

PICOトーニングの治療後は、患部に赤み・腫れ・ピリピリとした痛みが出る場合がありますが、1日以内に治ります。
Qスイッチレーザー治療のように、患部をテープで保護する必要などはないので、ダウンタイムがほどありません。メイクも当日から可能です。

PICOトーニングの回数

PICOトーニングの治療回数は、シミの種類・サイズ・数・濃さ・深さなどによって変わります。
複数回の照射によって、少しずつメラニン色素を破壊していきます。
回数を重ねて徐々にメラニン色素を破壊していきます。

治療の間隔は、1ヶ月置きが目安です。

PICOトーニングの値段相場

PICOトーニングを受けられる大手クリニックの料金を調べました。

※料金は税抜です。

品川美容外科 範囲 初回 2回目以降
ホホ下 5,250円 7,500円
ホホ骨上 7,000円 10,000円
顔全体 22,750円 32,500円
湘南美容外科 初回トライアル 1回 5回 10回
9,074円 11,852円 48,148円 90,741円
東京美容外科 範囲 1回 6回 12回
顔全体 45,000円 216,000円 378,000円
聖心美容クリニック 範囲 1回
顔全体 35,000円
中央クリニック 範囲 1回
顔全体 12,000円
KMクリニック 範囲 初回 5回
両頬 9,000円 -
顔全体 19,000円 85,500円

複数回の治療が必要と考えると少し割高な印象の治療ですが、広範囲のシミ取りを検討している方は、Qスイッチレーザーよりもこちらの方が良いかもしれません。

PICOトーニングの副作用・注意点

好転反応がある場合がある

PICOトーニングを行うことで、ニキビ・水泡・赤みなどの副作用が起こる場合があります。1週間程度で自然に治ります。

紫外線対策が必要

レーザー照射を受けた部分は、紫外線を浴びると過度な刺激となってしまい、色素沈着やシミの再発に繋がってしまうことがあります。
これまで以上に、UVクリーム・日傘・帽子などで紫外線対策を行いましょう。

保湿をする

レーザー照射を受けた部分は乾燥しやすくなるため、保湿をしっかり行いましょう。

まとめ

今までにない速さでレーザー照射が可能になった、PICOトーニングについてご紹介してきました。ダウンタイムが少ないことはとても嬉しいメリットです。

しかし、複数回の治療が必要となると、金銭的な問題も発生します。
ピンポイントのシミを取りたい場合は、従来のQスイッチレーザーの方が効率的かもしれません。

取りたいシミに合わせて様々なレーザー機器が登場していますので、ぜひ一度シミの状態を確認し、最も有効なレーザーがどれなのか、医師に相談してみてください。

→ PICOトーニングのクリニック別価格表はこちら